回顧録

takahira.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:クラッシックカメラ( 20 )


2012年 05月 15日

大阪駅周辺

e0029592_18455046.jpg

先日紹介したライカM3で撮りました。小雨が降る大阪駅西の高層ビル群です。10年ほど前に出来たときはビックリしましたが、その後、大阪駅周辺でも南側・東側・そして今北側にも完成まじかの高層ビル群が出来ています。そして改めて大阪駅西のビル群を訪ねましたが、もう驚かなくなりました。
[PR]

by yamada-ogawa | 2012-05-15 18:51 | クラッシックカメラ | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 04日

高槻ジャズストリート

e0029592_21372957.jpg

今日、高槻市の芥川で揚がっている鯉のぼりを見るために高槻市をたずねると、高槻ジャズストリートが開催されていて、阪急電車の改札口前で5人ほどの楽団がジャズ演奏をやっていた。
改札口を出ると、駅近くのあちらでも、こちらでもジャズのバンドが演奏をしている。商店街では空き地を利用してジャズ演奏。JR高槻駅近くでも賑やかにジャズ演奏。
高槻現代劇場大ホール・文化ホール・公民館・中学校・市民グランドや公園でも、神社の能舞台でも、百貨店の入り口や屋上でもジャズ演奏。今年は43会場でジャズ演奏がひっきりなしに行われていた。写真は神社の能舞台で行われていた演奏を聴き入る聴衆。
写したカメラは1951年発売のコンタックスⅡaというカメラ。チョット露出が不足でした。どうもシャッター速度が速すぎるようだ。1/100秒を切っても、1/300秒位の速度で切れているようだ。
[PR]

by yamada-ogawa | 2012-05-04 21:53 | クラッシックカメラ | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 24日

お洒落な喫茶店

e0029592_2042710.jpg

今日、神戸市の北野の異人館の近くに用事があり、チョット早めに家をでて、クラッシックカメラを持って撮影してきた。
この異人館街やそこへの道筋にはお洒落なお店が多い。今日はそのお洒落な店を撮る目的で、クラッシックカメラのレチナⅢcを持って撮影してきた。
時間があったので、この写真の喫茶店に入ってお茶しました。歳いったおっちゃん一人では絵になりませんが、雰囲気は良かったです。
[PR]

by yamada-ogawa | 2011-10-24 20:12 | クラッシックカメラ | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 17日

コンタックス

e0029592_222909.jpg

最近、古いカメラを売るばかりで買っていなかったが、今日久しぶりにクラッシックカメラを手に入れました。
戦後直ぐに発売されたドイツはカールツアイス製のコンタックスⅢAと云うカメラです。
セレン露出計は動かない、フイルムカウンターも動かない、シャッターのBを切るとシャッターが閉じないなど欠点の多いカメラですが、レンズは綺麗だし、カメラの外観も綺麗だから、まあ仕方ない買い物か半分諦めの入手です。
さて、フイルムを入れての撮影の結果は後日掲載致します。
[PR]

by yamada-ogawa | 2011-07-17 22:35 | クラッシックカメラ | Trackback | Comments(0)
2010年 12月 22日

多くのカメラ

e0029592_16531521.jpg

2~3年ほど前から古いカメラを集めだした。昭和30年代に販売されたカメラが中心である。
インターネットのオークションを見ていて、「これは」と云うカメラを落札するのである。
もう150種類以上のカメラが私の手中にあるか、通り過ぎた。
150種類以上のカメラのうち半数以上、いやもっと多くは何らかの故障を抱えている。入手時から完璧と云うカメラは余りない。随分多くのカメラを修理し写すのである。誰からも教えを受けずに、ぼちぼち分解しながら、ああでもない、こうでもないと修理するのである。でも高級カメラは高く売るために誰かが整備してネットに出すので、高級カメラを分解する機会が少ない。
写真のカメラは日本光学が昭和29年に発売したニコンS2と云うカメラで、その前に発売されたニコンSと共に
日本光学を日本の高級カメラ製造の代表格に押し上げた製品だ。このカメラもそこそこ整備されていて分解する機会がなかった。
今ネットオークションを見ても、殆どの種類を集めたので、「これだ」というカメラが見つからない。チョット寂しい限りで、新しく入手できる古いカメラがない。
一時は部屋いっぱいにカメラを並べていたが、今では極少数が残っている程度で、殆どはインターネットで販売してしまった。カメラ保管用に大きな保管庫を息子からプレゼントされたが、今では10台程のカメラが入っているかどうかと云う程度になってしまった。
[PR]

by yamada-ogawa | 2010-12-22 17:21 | クラッシックカメラ | Trackback | Comments(0)
2010年 12月 20日

天王寺公園内の慶沢園

e0029592_16561974.jpg

大阪市にある天王寺公園内の旧住友家の庭園 慶沢園です。
大阪に住んで居ながら、この慶沢園を訪ねたこと無かったのです。住友家から寄贈されて、今は大阪市の所有管理ですが、都心にありながらなかなか立派な和風庭園でした。
写したカメラはニコンSと云う昭和25年発売されたカメラです。
[PR]

by yamada-ogawa | 2010-12-20 17:00 | クラッシックカメラ | Trackback | Comments(0)
2010年 11月 05日

修理したキャノンⅡD

e0029592_21403827.jpg

高速シャッターを切ると、画面右側が露出不足になる現象の、シャッター幕の速度の違いを修理に出した。
古いカメラだから完璧にならないという注釈が付いて返ってきた。
まあ、シャッターの1/500秒を切らないようにすればよいのだが。修理代16,000円が無駄遣い??
でも、カメラが綺麗になって返ってきたし、ファインダーも綺麗になったのだから、まあいいか。
シャッター速度が正常になったのだ。今までのように一絞り絞った露出していたら、露出不足のフィルムが出来あがった。今日はその写真。
京都西山の竹藪の中の光景。
[PR]

by yamada-ogawa | 2010-11-05 21:49 | クラッシックカメラ | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 09日

三千院参道

e0029592_9172547.jpg

昨日訪ねた京都大原三千院の参道です。クラッシックカメラのフォクトレンダーヴィテッサと云うカメラで撮ったのですが、デジタル化はお店で頼みました。
感じのよい光景と思って撮りましたが、見る方に伝わっているでしょうか。
[PR]

by yamada-ogawa | 2010-07-09 09:21 | クラッシックカメラ | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 08日

京都大原

e0029592_17222345.jpg

梅雨は明けないが、今日は雨が降りそうにないので、先日入手したクラッシックカメラのフォクトレンダーのビッテッサⅡをもって、京都大原へ撮影に出かけた。昭和27年発売のドイツ製カメラ。当時はカラーフイルムなど考えられず、レンズのコ―テイングも貧弱なもの。
テスト撮影では、ジャバラだのに内面反射が多いのか、画面の中央が白くなる。どうしたものかと、思案の末、マットの黒色塗料をフイルム側から吹きつけることとした。これで見える所は無反射の黒色になったが、蛇腹の折れ目の裏側はそのままで塗料が届かない。
この状態でもハーレーションは相当改善されたが、未だ少しは残っている。さて残ったハーレーションをどうするか。蛇腹の裏側を塗装するためにはレンズを外さねばならない。
このスプリングカメラの構造はチョット厄介で、レンズを外しても元に戻してもシャッターチャージ機構まで巧く組み立てられる自信がない。   さてどうしよう。
画像は京都大原の寂光院近くの光景。この辺りは「柴漬」が名産で、柴漬け用のシソを多くの所で栽培されていた。
この画像ではあまり目立たないが、やはり中央部が少し白いです。
[PR]

by yamada-ogawa | 2010-07-08 17:37 | クラッシックカメラ | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 03日

やっと手に入れたカメラ

e0029592_1437145.jpg

長年の念願だったカメラをやっと手に入れました。
1952年発売のドイツ フォクトレンダー製のビッテッサと云うカメラです。型番は多分Ⅱ型だと思います。
今は無くなってしまったドイツの名門のカメラメーカーです。一部今日本でコシナより同じフォクトレンダーの商標で発売されています。
このカメラ煙突みたいに飛び出した棒が特徴で、この棒を押しこむことによって、フイルム巻き上げとシャッターチャージを行います。レンズはノクトンF2.0 50mmです。
ネットでの入手ですが結構高額??でした。状態は良いみたいで、レンズも曇っていなくて大変クリアーでした。よかった。よかったと云う所です。
[PR]

by yamada-ogawa | 2010-07-03 14:46 | クラッシックカメラ | Trackback | Comments(0)