今日の一葉

takahira.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旅籠宿に泊る( 146 )


2017年 08月 14日

縁起の悪い靴

e0029592_13345999.jpg

この靴は合成皮革でできていて、大変軽く歩きやすいのですが、どうも縁起が良くありません。
この靴を履いて、旅籠宿を訪ねると、決まって気分を悪くして帰ってくる羽目になるのです。
今回はこのジンクスを破ろうと、宿に気に入ってもらおうと手土産までもって泊まりに行き、態度や言葉つかいにも随分気を付けたのですが、ジンクスは破れず、気分を悪くして帰ってきました。
私にとっては縁起の悪い靴です。
[PR]

by yamada-ogawa | 2017-08-14 13:39 | 旅籠宿に泊る | Comments(0)
2017年 08月 13日

舞鶴館

e0029592_19561592.jpg
舞鶴市の舞鶴館に泊まっています。
明治34年創業というので訪ねましたが、賑わった旅館ですが、あまり古い感じはしません。
写真は舞鶴のレンガ倉庫群です。

[PR]

by yamada-ogawa | 2017-08-13 19:54 | 旅籠宿に泊る | Comments(0)
2017年 07月 31日

この旅館は可か不可か

e0029592_20115238.jpg

この旅館は大阪府高槻市の旧西国街道沿いにある旧旅籠宿の「割烹旅館亀屋」の前景です。
私の泊まり歩いている「旅籠宿に泊る」の条件に殆どがクリアーしているのですが、
一部難点は建物なのです。
条件 1 江戸期から続いていること。(まあ、条件を落として明治期でも可としています)
   2 成るだけ、木造の古い建築様式の建物であること
   3 経営形態が昔のままであること、巨大な旅館になっていないこと
   4 一人でもとまれること
が主な条件ですが、大阪府にはこの条件に合う旅館がほゞありません。

そこで、建物の件を辛抱すると、他の条件はクリアーしているのです。
そこで、泊ろうかどうか、自宅から比較的近い所ですので見に行ってきました。
今は13代目の女将が切り盛りしているようです。
建物は鉄筋コンクリートの3階建てで、1970年の大阪万博のときに 古い建物を建て替え
られてそうです。でも、かっての旅籠宿の面影は色濃く残すようにしたそうです。

さあ、この旅館を可とするか不可とするか。
[PR]

by yamada-ogawa | 2017-07-31 20:13 | 旅籠宿に泊る | Comments(0)
2017年 07月 26日

結露、ありゃ 曇っている


e0029592_18423411.jpg

昨日の徳島市で泊まった大正楼の庭ですが、見るのは曇っていることです。
部屋からカメラを持ちだして撮った写真です。ありゃ~
結露が起こっている。
冬の撮影で寒い所で撮影し、暖かい所にカメラを持って入って撮ろうとするとこのうに結露が起こり画像が曇ってしまいますが、今は夏だのに!!。でも涼しい部屋に置いていたカメラを、昨日の急な雨の後に持ち出したので結露が起こったのでしょう。
2~3枚摂って気付いてカメラを覆って対応しましたが。
その後、コンビニにお茶を買いに行って、外に出ると掛けている眼鏡に結露が起こり前が見えなくなりました。外が高い湿度に高い気温だったからでしょうね。蒸し暑いのには閉口しました。
[PR]

by yamada-ogawa | 2017-07-26 18:45 | 旅籠宿に泊る | Comments(0)
2017年 07月 25日

この旅館に泊まりたかったが。

e0029592_19013018.jpg
今、徳島市のこの旅館の近くの旅館に泊まっています。本来はこの旅館に泊まりたかったのですが、経営者の体調が悪く休業されていて泊まれません。
代わりの旅館というわけでないですが、近くの大正楼という旅館に泊まっています。

[PR]

by yamada-ogawa | 2017-07-25 19:12 | 旅籠宿に泊る | Comments(0)
2017年 07月 22日

旅館が休み

e0029592_1515474.jpg

愛知県新城市大野の若松屋と云う旅館に泊まりに行こうと電話すると、その日は用事があるのでお休みにすると。(写真)
泊まりに行こうと予定した日だから、別の所を探す。徳島市の大正楼と云う旅館に予約した。
大正元年創業と云うことで、明治期の創業でないのが気に入らないが、まあ一年位の違いはいいか!!
と!!
大正楼の写真はありません。
[PR]

by yamada-ogawa | 2017-07-22 15:20 | 旅籠宿に泊る | Comments(0)
2017年 07月 12日

中津川市の亀利屋旅館の天井

e0029592_8451531.jpg

一昨日泊った中津川市の亀利屋旅館の泊まった部屋の天井で、明治期の建物です。
この部屋は「こぶしの間」と云われていました。
床柱や主だった柱、天井材も「こぶし」で造られ、中央部が高くなった造りでした。
平屋の建物で、隣の部屋が竹で作られた「竹の間」、端の部屋は桜で造られた「桜の間」と云われていました。
[PR]

by yamada-ogawa | 2017-07-12 08:56 | 旅籠宿に泊る | Comments(0)
2017年 07月 11日

中津川市の亀利屋旅館

e0029592_17314938.jpg

7月10日~11日に岐阜県中津川市付知町の亀利屋旅館に泊まってきました。
明治創業の古い旅館です。今で4代目だそうです。
[PR]

by yamada-ogawa | 2017-07-11 17:33 | 旅籠宿に泊る | Comments(0)
2017年 07月 03日

宮津市の清輝楼に泊ってきました。

e0029592_10405356.jpg

6月30日に宮津市の「清輝楼」に泊ってきました。
元禄年間創業の超老舗旅館です。
建物も明治年間の建築らしいですが、現代の客層に合わせて改装改造を繰り返されていますので、建物自体は古く感じませんでした。「小さな美術館」と称して、かって宿泊した文人墨客の残した作品があちこちに展示してありました。
[PR]

by yamada-ogawa | 2017-07-03 10:42 | 旅籠宿に泊る | Comments(0)
2017年 06月 14日

暗渠の上に建つ旅館

e0029592_16134893.jpg

先日行われたWEB集団「いらかぐみ」の第15回目のオフ会が九州の日奈久温泉で行われ、その会場となった柳屋旅館の前景です。
海から続く水路がこの旅館の下から暗渠になり上手に続いています。
暗渠の上に建物が建ち、その向こうは中庭でその先はこの旅館の温泉場(風呂棟)が立っています。
そして裏の道になっていますが、水路は何処に行ったのでしょうね。
旅館の方に聞くと中庭のこの部分を通っているとのことでしたが。

もう10年も前ですが、九州の杖立温泉の「観光ホテルひぜんや」に泊ったこと有るのですが、この旅館は熊本県と大分県に跨って建っている大きな旅館でした。それほど大層なことでは無いですが、この水路の先はどうなっているのでしょうね。
[PR]

by yamada-ogawa | 2017-06-14 16:20 | 旅籠宿に泊る | Comments(0)