今日の一葉

takahira.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ピンボケ写真( 50 )


2008年 03月 29日

とぼけた写真

e0029592_9583129.jpg

先日から何回も中国製のおもちゃカメラの「HOLGA」を使って写真を撮っています。
ブロニー判の大きなフイルムで、現像を依頼しても一週間もかかる代物です。
たかがおもちゃカメラですが、なかなか思うように撮れません。まず、光漏れを防ぐのに四苦八苦。多くのフイルムを無駄にして、ああだ、こうだと試行錯誤の連続ですが、何とか見られる写真になってきました。
とぼけた写真ですね。このHOLGAで一番綺麗に撮れるような被写体を選んでこれです。
でも、何でも綺麗に写ってしまう今のデジカメにない味があります。面白みも違います。
これからも遊びでこのカメラを使おうと思っています。
[PR]

by yamada-ogawa | 2008-03-29 10:07 | ピンボケ写真 | Comments(0)
2008年 03月 06日

フォルガが壊れた

e0029592_1974544.jpg

今日、中国製のおもちゃカメラのHOLGAを使って撮影しようと、空シャッターを切っていたら急にシャッターが切れなくなった。
薄めたミシン油を注油してもダメ。仕方なく撮影は古いカメラのコニカⅡ型で撮影したが、帰ってからHOLGAを分解してシャッターを点検するも、これと言う故障個所がないのに、シャッター^の動作が引っかかる。キックバネが弱っているしか考えられない。代用のキックバネを作って取り付けようと思うが結果は??
このカメラ買ってから2年程経つが、フイルムを二本撮っただけだ。価格は確か6,500円だったと思う。おもちゃカメラにしては高いカメラですが、人気の有る機種だから仕方ないと思って買ったのですが。
今でもこのカメラ、同じくらいの価格で売られている。
[PR]

by yamada-ogawa | 2008-03-06 19:18 | ピンボケ写真 | Comments(0)
2007年 09月 08日

こんな写真

e0029592_9122292.jpg

この写真はリコー300Sという40年以上前のカメラで撮ったのです。
シャッターが不調というカメラを手に入れて、シャッターは注油して復活したのです。レンズも大体はクリアーで良いのですが、前球の前面(レンズの見えている部分)に拭き傷が多いのです。
このカメラを使用していた方が、乱暴にレンズを拭いたのでしょうね。レンズ表面が傷だらけで、
こんな写真になってしまいました。
これじゃ写真になりませんね。またこのリコー300Sの前球を手に入れて、レンズの一部を入れ替えます。
傷の部分の研磨も考えたのですが、前球は外れるのですが、前球の金属部分とガラス部分がどうしても外れないので研磨も無理のようです。
[PR]

by yamada-ogawa | 2007-09-08 09:21 | ピンボケ写真 | Comments(0)
2006年 04月 06日

おもちゃカメラ

e0029592_9324051.jpg

昨年の今頃は日本のおもちゃカメラをはじめ、中国製のホルガやロシア製のロモカメラをはじめ通常のロシアカメラ、中国カメラを懸命に漁っていました。
そのカメラ収集も夏頃には一段落したあとは、ピンホールカメラに明け暮れていました。でも先日久方ぶりにおもちゃカメラを入手いたしました。それは農協(JA)が景品として2~3年前に出した「ちょきんぎょ」カメラです。その内に、このカメラで写した写真をピンボケ写真のおもちゃカメラのコーナーに掲載いたします。(オリンパスμミニデジタル)
[PR]

by yamada-ogawa | 2006-04-06 09:41 | ピンボケ写真 | Comments(0)
2006年 02月 20日

またもやピンホールカメラ

e0029592_1115040.jpg

自分でも呆れるほど、ピンホールカメラを造っています。写真に写っているのはマミヤRZ67のフイルムパックを利用のピンホールカメラを一台(焦点距離は45mmの予定)と、4×5インチのカットフイルム利用のカメラ2台(焦点距離45mmと65mmの2台)を制作中です。
このカメラが完成すると、ピンホールカメラだけで17台になります。(オリンパスμミニデジタル)
[PR]

by yamada-ogawa | 2006-02-20 11:22 | ピンボケ写真 | Comments(0)
2006年 01月 31日

大阪城

e0029592_21159100.jpg

ピンホール写真です。大分上手にピンホールをあけるようになり、ピントがしっかりとしてきました。でも超広角にしてありますので、被写体に随分近づいて撮っている積りでも、まだ、近づき方が足りません。でも周辺光量不足で四隅が暗くなるのはなかなか感じ良いと思います。
マミヤRBのフイルムパックを利用した自作カメラ。焦点距離25mm、ピンホール直径0.2mm、銅箔0.01mm、フォーマット6×7cmでブロニーフイルム使用。
[PR]

by yamada-ogawa | 2006-01-31 21:15 | ピンボケ写真 | Comments(0)
2006年 01月 26日

久しぶりのピンホール写真撮影

e0029592_10513444.jpg

久しぶりのピンホール写真撮影です。昨年の9月頃より、撮るのを辞めていたピンホール写真が再開できそうです。
その間に随分と資料と資材を集め、ピンホールカメラも造っては壊し、造っては壊しを繰り返しました。投稿の写真は2~3日前に撮影した大阪駅西部の再開発地区の写真です。当然ピンホール写真です。
6×7cmのブロニー判でカメラの焦点距離は25mm、ピンホールの直径は0.2mm、厚み0.01mmの銅箔に穴をあけて、黒化液で黒くしています。フイルム巻取り部はマミヤRBのフイルムパックを使用しています。
35mmカメラに換算すると15mm程度の焦点距離でしょうね。
やっと目的のカメラに近づきましたが、これでも一部周辺が欠られています。
その割りに周辺の光量が落ちてないので、未だ思案しています。(6×7のピンホールカメラ)
[PR]

by yamada-ogawa | 2006-01-26 10:54 | ピンボケ写真 | Comments(0)
2006年 01月 17日

ピンホールカメラ

e0029592_13172447.jpg

年末から造りだしたピンホールカメラも、一度は全部造ってテスト撮影もしました。ピンホールカメラにしては最良のピントの良い写真が撮れるのですが、周辺光量の不足した独特の描写ができてない。
そこで思い切って、造ったばかりのピンホールカメラを一部取り壊し、焦点距離の変更を試みました。
手前左側がマミヤRBのフイルムパックを用いたブロニー判使用の6×7cmのカメラ。焦点距離は40mmから25mmに変更。ピンホールは0.2mmに変更し、0.01mmの銅箔使用は同じで黒化液でもって黒くした。
手前右側がマミヤプレススーパー23のフイルムパックを用いた6×9cmのカメラ。焦点距離は52mmから32mmに変更。ピンホールは0.2に変更し、0.01mmの銅箔は同じ。
奥の一台は日本針穴写真協会のワークショップ用の6×7cmのカメラで、説明通りに造れば焦点距離が40mmです。これも一旦は造ったのですが、完成と同時に改造に取り掛かり、今では焦点距離が29mmになっています。元々付いていたピンホールは0.24mmでしたが、これも0.2mmに変更しています。(オリンパスμミニデジタル)
[PR]

by yamada-ogawa | 2006-01-17 13:34 | ピンボケ写真 | Comments(0)
2006年 01月 06日

完成

e0029592_1944387.jpg

先日の一部紹介したピンホールカメラが完成しました。
未だピンホールは取り付けてないですが、0.25mmの物を取り付けようと思っています。
これで年末から造りだしたピンホールカメラが三台完成いたしました。
このカメラは日本針穴写真協会がワークショップ用にキットとしたもので、販売されているものでないですが、頼んで入手し組み立てたものです。
カメラ前面の板がシャッターで、ギロチン式に上下させてシャッターを切ります。
焦点距離は45mmでブロニー判の6×7cmです。

あと一台は4×5インチのカット版のカメラを造る予定ですが、フイルムパック以外は未だ準備できてないですが、設計図は完成しました。1月中には完成させたいです。(オリンパスμミニデジタル)
[PR]

by yamada-ogawa | 2006-01-06 19:14 | ピンボケ写真 | Comments(0)
2006年 01月 04日

またもやピンホールカメラ

e0029592_14335782.jpg

一昨日、マミヤRBのフイルムパックを使った6×7のピンホールカメラが完成し、昨日も今日も撮影に出かける準備はできているのだが、ピンホール写真の性質上、曇っているとどうしてもフラットに写り、色の冴えも悪いので、撮影行きを躊躇しています。
そして、またもピンホールカメラのキットを入手し、製作にかかりました。
このカメラキットは日本針穴写真協会がワークショップ用に準備したもので、説明を受けながら制作するのが基本のものを、材料だけ入手し制作しているもので、なかなか上手く理解できない。簡単な説明と写真が全ての教本ですので困難を極めています。
その上、キットといってもいい加減なもので、説明が無かったり、部材が間違っていたりと大変です。寸法の違った部材が入っていたので、ホームセンターに行って適当な代替品を探している状態です。
どうも、ピンホール写真を写すより、ピンホールカメラを造るのが趣味のようになってきました。
(オリンパスμミニデジタル)
[PR]

by yamada-ogawa | 2006-01-04 14:47 | ピンボケ写真 | Comments(0)