回顧録

takahira.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2004年 05月 31日

島原遊郭跡にある大門

e0029592_13112163.jpg

京都市下京区にある島原大門で、旧島原遊郭の出入り口でした。
江戸の吉原に並ぶ、京都の島原は日本を代表する遊郭であった。郭への出入り口はここ一ヶ所で、大門は遊女の逃亡や捨て子を防ぐために設けられた門であった。
柳の下の用水手桶は、かって島原の火災の際に門が閉められていて、多数の遊女が焼死したため、消火のために置かれたという。
[PR]

by yamada-ogawa | 2004-05-31 13:11 | 無題 | Trackback | Comments(0)
2004年 05月 30日

ノコギリの看板

e0029592_1310182.jpg

兵庫県三木市本町一丁目にある金物問屋の屋根に上がっている大きなノコギリの看板です。金物の町三木を代表する看板でしょうね。
[PR]

by yamada-ogawa | 2004-05-30 13:09 | 旅先で | Trackback | Comments(0)
2004年 05月 27日

西部劇

e0029592_1375886.jpg

この町並チョト見ると、アメリカ映画の西部劇に出てくる町並のようでしょう。
何でかなと思うと、電柱が無いのと、建物の高さが揃っているからです。
この町は富山県福光町の本町通です。
少し前までは、伝統的な古い様式の建物が連なっていたのですが、道路の拡張のため後退し、古い町並みに見せるために電柱を埋設したのたためでしょうが、なんだか変な町並が出現していました。
[PR]

by yamada-ogawa | 2004-05-27 13:06 | 旅先で | Trackback | Comments(0)
2004年 05月 26日

心柱

e0029592_136213.jpg

奈良県天理市柳本町にある長岳寺五智堂(国の重要文化財)。
一間四方の小さな建物。中央に太い心柱が立っている珍しい構造。この心柱を大日如来に見立てた建物で、鎌倉時代末期の建築。
このお堂のある場所は、長岳寺の飛地境内で、街道沿いの目立つところに建てられている。
[PR]

by yamada-ogawa | 2004-05-26 13:05 | こんなのを見つけました | Trackback | Comments(0)
2004年 05月 21日

出雲大社の大鳥居

e0029592_1324043.jpg

島根県出雲大社の大鳥居。かっては日本一の大きさだったが。
大正4年に建てられた鉄筋コンクリート製で、高さ23m、出雲大社と書かれた額面面積は畳6畳分だそうだ。
[PR]

by yamada-ogawa | 2004-05-21 13:01 | 旅先で | Trackback | Comments(0)
2004年 05月 20日

散居村

e0029592_12514185.jpg

富山県庄川町の散居村の民家です。砺波平野一面の広大な地域に散らばっている散居村。一軒の農家の周りに杉などの樹木が生茂り、隣家との間隔が100m程も離れていて、農村集落を作らない特異な地域です。
[PR]

by yamada-ogawa | 2004-05-20 12:51 | 旅先で | Trackback | Comments(0)
2004年 05月 18日

知床五湖

e0029592_12493391.jpg

北海道知床五湖のうち二湖からの風景。
原生林の中を湖沿いに一湖から二湖・三湖と歩く遊歩道が完備されてるが、静寂そのものだ。
知床五湖には川がなく、すべて湧き水といわれている。時々ヒグマが出没するらしく、そのときには通行禁止になる場合も。
[PR]

by yamada-ogawa | 2004-05-18 12:48 | 旅先で | Trackback | Comments(0)
2004年 05月 17日

臼杵市の石仏群

e0029592_11581140.jpg

大分県臼杵市にある臼杵石仏(国宝)群の古園石仏です。平安後期の作。
以前は落ちた仏頭が仏体下の台座の上に乗せられていたが、保存のために修復に合わせて仏頭も昔日の見事な姿に復元された。
[PR]

by yamada-ogawa | 2004-05-17 11:57 | 無題 | Trackback | Comments(0)
2004年 05月 15日

太鼓橋

e0029592_11554070.jpg

大阪市住吉区にある住吉大社の太鼓橋。大阪人には馴染みの深い橋である。住吉大社は正月の初詣客の多く集まる有名な神社で三ヶ日で300万人も参拝者がある。全員がこの橋を渡らないまでも、この橋を渡る人数は相当なものだ。
この太鼓橋は豊臣秀頼が造営したと伝えられているが、何時頃架けられたものかは定かでない。石造りの橋柱や梁などは豊臣時代のままであるが桁や床板は木製のため、度々架け替えられている。
[PR]

by yamada-ogawa | 2004-05-15 11:55 | 無題 | Trackback | Comments(0)
2004年 05月 14日

霞む散居村風景

e0029592_11535357.jpg

富山県砺波市の夢の平散居村展望台からの風景です。水田に水が張ってある、田植直後の5月上旬に訪ねたのですが、当日は天気が良いのに霞んでいて視界が悪く、ご覧のように散居村がかすかに見えるだけでした。
[PR]

by yamada-ogawa | 2004-05-14 11:53 | 風景 | Trackback | Comments(0)