回顧録

takahira.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2007年 05月 31日

函嶺洞門

e0029592_22311450.jpg

毎年正月には、家内に付き合って箱根駅伝を見ているが、その中で必ず出てくる箱根の函嶺洞門、実際には「門洞嶺函」と書かれている。
今回の伊豆での「いらかぐみオフ会」絡みで箱根を訪ね、図らずも函嶺洞門を見ることができた。昭和6年に出来たもので、平成17年に土木遺産に選定された土砂崩れ防止の洞門ですが、名前はよく売れている。
[PR]

by yamada-ogawa | 2007-05-31 22:37 | 旅先で | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 30日

ひどいね

e0029592_21592657.jpg

先日の伊豆半島町並探索の初日の宿の洗面所です。場所は小田原駅前のビジネスホテルです。
以前は個人でビジネスホテルへ電話を入れて予約していたのですが、時々ひどいホテルに遭遇しますので、最近は楽天トラベルで予約を取っていたのです。
楽天トラベルが審査や調査をして、提携ホテルを選定していますので、最近はあまりひどいホテルには当たらなかったのです。

が、しかし、今回は見事に裏切られました。
部屋に入るやタバコのヤニの臭いが鼻にくる。テレビは全チャンネル砂を播いた様にノイズばかり、洗面所に入ってビックリ、何時からこのカランの部分を掃除していないのと言う状態。
でも我慢して裸になり、シャワーを使おうとお湯を出したが水が出るだけ。
酷いビジネスホテルを選んだなあと後悔。でも楽天トラベルで選んだのでね。
値段も高くはないが安くもない、小田原市内で食事なしの¥5,100円。当然前払い。
仕方なく水で身体を拭いて、テレビも見る気がせず寝た。
午後11時すぎにドアーのノックがあり、開けるとフロントです。ボイラーが故障ですので、この銭湯に行ってもらえませんかと、一枚の紙をみせる。いらないとドアーを閉めたが、ヒドイホテルもあったものだ。
その上午後12時から午前6時30分までは出入禁止でホテルのドアーを開けてくれない。
なんちゅうホテルかと腹が立った。
[PR]

by yamada-ogawa | 2007-05-30 22:23 | 旅先で | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 29日

知らないとは

e0029592_1511790.jpg

この画像は鎌倉市にある長谷観音の山門です。
鎌倉大仏を訪ねるつもりが、近くの長谷観音に辿り着いた。こちらにも多くの方が参拝されていたので、拝観料を払うところで、鎌倉大仏ですねと訪ねると、高徳院さんは‥‥と場所を教えてくれた。
鎌倉の大仏さまは高徳院にあるとは調べてなかったので、てっきり長谷観音が鎌倉大仏だと勘違いしていた訳です。拝観料は長谷観音の300円より安く200円でした。
中学校の卒業旅行で訪ねて以来でした。
[PR]

by yamada-ogawa | 2007-05-29 15:13 | 無題 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 28日

団体の琺瑯看板

e0029592_21415167.jpg

全て琺瑯看板です。伊豆半島の南部で見つけました。見つけましたと言うより、一諸に行動していた仲間が見つけてくれました。
これで全てではありません。この画像の左右にまだまだありました。
それも最近流行の琺瑯看板コレクションに集めたものでなく、れっきとした酒屋さんの店内での表示です。店内だから盗難にも遭わず今にのこっているのでしょうね。
竹篭の中に入っているのは、1斗入りの酒瓶です。
[PR]

by yamada-ogawa | 2007-05-28 21:47 | こんなのを見つけました | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 24日

いだわり

e0029592_1491084.jpg

枚方市穂谷で見かけた造り酒屋さんでの米の販売案内ですが、何気なしに見ていて「あれ~」
「いだわりの‥‥」 いたわりだろうか。それとも 「こだわりの‥‥」だろうか。
誰かが気づいているはずだのに、訂正していない所を見ると、知ってやったものか。
[PR]

by yamada-ogawa | 2007-05-24 14:14 | こんなのを見つけました | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 22日

さっぱり わえ です。

e0029592_16495163.jpg

「さっぱり わえ」は方言でしょうね。私の住む辺りではよく使います。
標準語では表現のしようがありません。意味は努力したのに報われなかった時に言います。
今日は天気が良いし、差し迫った用事も無かったので、車にピンホールカメラと50年程前のカメラを積んで、神戸市は六甲アイランドを訪ねたのです。車の止められる所では、写せるようなものはないし、ここだと思っても車を止められなかったり、入れなかったりと。
六甲アイランドは歩いても島内は回れる程度に思っていましたが、広い広い、とてもじゃないが歩いては回れそうもありません。ビックリしましたね。よくも埋め立てたものと感心しています。
広い広い島内を2回も3回も廻りましたが、結局は持っていった3種類のカメラで一枚も撮らずに、六甲アイランドを後にしました。

しゃくに障るので、帰り道にあった白鶴酒造資料館に立ち寄ってきました。
そのときの映像です。人物は人形です。
[PR]

by yamada-ogawa | 2007-05-22 17:06 | 無題 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 18日

逆光での撮影

e0029592_12181439.jpg

1963年販売というコニカSⅢと言うカメラのレンズのカビ退治しての撮影です。順光なら綺麗に写るだろうとの予想はしていましたが、逆光でもこのようにフレアー・ゴースト・ハーレーションが無い画像が得られるのにはビックリです。
当時はこんなにレンズコーテイング技術が高かったのかと。
[PR]

by yamada-ogawa | 2007-05-18 12:22 | 無題 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 16日

分解したカメラでの写真

e0029592_10205564.jpg

e0029592_10211855.jpg

二つの写真は昨日分解した40年以上前のカメラ コニカSⅢで撮った写真です。
520円で入手しましたが、レンズを分解して清掃しただけで、よく写るカメラになりました。
ビックリです。
[PR]

by yamada-ogawa | 2007-05-16 10:24 | 無題 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 15日

レストア中

e0029592_11505428.jpg

古いカメラでの撮影に夢中になっているが、高級カメラの古いのは高いので、B級クラスの安いものを入手して撮影をしている。確かに1万円とか2万円を出せば、古くとも良いカメラが入手できるが、それじゃ只写しただけになってしまうと思い、500円から1000円程度でジャンククラスのカメラを入手し、修理してから写している。
画像のカメラは1963年発売のコニカSⅢです。銅鏡を外してしまい。レンズを全て取り外した状態です。
シャッターや絞りは正常のようですが、レンズには大量に黴が発生していて、レンズを通して向こうが見えない程だったので、レンズの清掃を行ったのです。
後日このカメラで撮った写真を公開します。
[PR]

by yamada-ogawa | 2007-05-15 12:03 | 無題 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 10日

駐車場??

e0029592_9373265.jpg

大阪府茨木市の総持寺近くで見た駐車場。船が置かれていた。時々見かける光景ですが、駐車場に置いておく方が安くつくのでしょうね。
[PR]

by yamada-ogawa | 2007-05-10 09:39 | こんなのを見つけました | Trackback | Comments(0)