回顧録

takahira.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2007年 07月 31日

漁師

e0029592_18374989.jpg

滋賀県大津港で魚釣りをしているおじさん2人。何を釣っているのか聞くとブルーギルという外来漁だそうです。この魚はもう50年以上前から琵琶湖に生息しています。
ブラックバスと共に生態系を乱すという理由で、捕獲が奨励され、漁協へ持っていくと、1kg当たり200円か250円(聞いたのですが忘れました)で引き取ってくれるそうです。
ということは、このおじさんたちお金を目的に釣っているので漁師さんですね。少額とはいえ漁師に違いありませんね。
写したカメラはマミヤ35Ⅱ(2.8)という1956年(昭和31年)発売のカメラでもう50年以上経っているカメラです。
[PR]

by yamada-ogawa | 2007-07-31 18:49 | こんなのを見つけました | Trackback | Comments(0)
2007年 07月 28日

移転完了

e0029592_1795591.jpg

一週間ほどかかって、もう一つのブログを利用した「古いカメラで撮影」の内容を、全てサイト内のコーナーとして、編集し直しましUPしております。
近々のこの「古いカメラで撮影」のブログを閉鎖しようと思っていますが、リンクは既にサイト内の「古いカメラで撮影」に切り替えています。
この画像は1954年(昭和29年)に発売になったアイレス35Ⅱというカメラです。シャッターが変っていて、通常のシャッターの位置にあるのを押してもシャッターが切れません。
レンズの横にある大きな「ポッチ」を押し下げるとシャッターが切れます。通常のシャッターの位置にある物にりレリーズを差し込むとシャッターが切れます。
このアイレスカメラは1960年に倒産してしまいました。
[PR]

by yamada-ogawa | 2007-07-28 17:20 | 古いカメラ | Trackback | Comments(0)
2007年 07月 16日

生花

e0029592_9575357.jpg

京都祇園祭の宵宵山で、池坊短期大学がオープンキャンパスになっていました。
その一部にこのようなカーテンともタペストリーとも解らないものがぶら下がり、松の幹のようなものまで飾られていた。これも生花でしょうね。
この写真は昭和35年に頃に製造されたミノルタSR-1という一眼レフカメラに35mmのレンズを付けて撮ったものです。当然フイルムです。
カメラは50年程前のものでも結構使えるものですね。その意味でな家電製品は全くダメですが。
[PR]

by yamada-ogawa | 2007-07-16 10:29 | 無題 | Trackback | Comments(0)
2007年 07月 11日

余部鉄橋

e0029592_9462079.jpg

余部鉄橋です。明治末期に建造された山陰本線の鉄橋です。
突風のため列車がこの鉄橋から下に落ちたのは有名ですね。老朽化のため、コンクリートの橋に架け替える工事が一部はじまっていました。
[PR]

by yamada-ogawa | 2007-07-11 09:49 | 旅先で | Trackback | Comments(0)
2007年 07月 10日

餘部鉄橋を見るために

e0029592_1957166.jpg

JR山陰本線香住駅で、カニの季節でもないのに、大きなカニのハサミがプラットホームに飾られていた。モニューメントとして飾られているのでしょう。でも香住駅は殆ど人の乗り降りが無く、少しの人が香住駅から餘部駅まで、餘部鉄橋を見るために利用しているのが目立った。
我々も同じ目的で香住駅から餘部駅まで、山陰本線を利用した。
[PR]

by yamada-ogawa | 2007-07-10 20:03 | 旅先で | Trackback | Comments(0)
2007年 07月 09日

思うようには行かない

e0029592_9391262.jpg

兵庫県豊岡市にある「コウノトリの郷公園」での光景です。
新潟県の「トキ」と共に絶滅寸前だった「コウノトリ」を苦労して増やし140羽程になったので、自然に帰すべく、近隣農家の協力を得て、稲に農薬や化学肥料を制限した稲作をお願いし、蛙やドジョウを増やして、「コウノトリ」が自然界で生活が出来るように環境を整えて、自然界に14羽を放鳥したのです。
放鳥時には、遠くまで飛んでいったので、関係者は喜んだのですが、全部が帰ってきて今ではコウノトリの郷公園近くで飛んでいながら、自然界で「餌」を捕らずに、時間になれば餌場で魚を貰って生活しているようです。
一旦人間の手で育てられると、もう自然界には帰れないようで、今後どうするかで悩んでおられる兵庫県です。
画像は餌場で、中央に一匹「サギ」がコウノトリの餌を狙って混じっていますね。このサギが一番利口ですね。
[PR]

by yamada-ogawa | 2007-07-09 09:56 | 旅先で | Trackback | Comments(0)
2007年 07月 05日

アメリカ村(レストアカメラ)

e0029592_2034888.jpg

先日分解してシャッター部分をお見せして、ベンジンで洗浄したカメラ オリンパスSで撮った写真です。
このカメラは調べると比較的新しく、昭和38年(1963)販売ですので、約44年前のカメラです。
レンズにも拭き傷が少しあり、写りを気にしたのですが、影響は殆どないよい写りをしています。
今、水銀電池MR-9の代用の電池を探し、ネットで購入しましたので、その電池が入手できると露出計が生きているかが判明します。
電池はヨーロッパ車のアウディのキーようの電池です。
[PR]

by yamada-ogawa | 2007-07-05 20:44 | 古いカメラ | Trackback | Comments(0)
2007年 07月 04日

うさぎ

e0029592_10531534.jpg

この兎は我家で半年ほど預かることになった兎です。
ベランダで一匹で居ますが、ここまでするのに3日程かかる臆病な動物です。
怖がってゲージから出ませんでした。
[PR]

by yamada-ogawa | 2007-07-04 10:56 | 無題 | Trackback | Comments(0)
2007年 07月 03日

レストア(シャッター固着)

e0029592_11405476.jpg

e0029592_1141169.jpg

ジャンクとして手に入れたオリンパスSです。正確に調べていませんが1958年頃の製品です。
約50年前のカメラです。感光素子も付いていますが、全く独立していてメーターの針を読んでカメラに移し換える機構です。
シャッターが125分の一秒程度の一定速度でしか切れ無かったカメラを、分解してシャッター部分を露出し、シャッターの固着を取除いたもの。
分解しベンジンで洗浄して、再度組み立てたもの。組み立てに手間取りましたね。
でも、今では、シャッターも正常に作動するし、レンズクリーニングも済み、良い写真が撮れるでしょう。
水銀電池のMR-9が入手できないため、今の電池で代用するアダプターが販売されていますが、1000円未満のジャンクカメラに2,500円のアダプターは買えませんので、電池無しで露出計を使用せずに使用します。
[PR]

by yamada-ogawa | 2007-07-03 11:53 | 古いカメラ | Trackback | Comments(0)