今日の一葉

takahira.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2009年 03月 30日

たこフェーリー

e0029592_20383132.jpg

兵庫県明石まで「たこフェーリー」を撮りに出かけました。久しぶりの古いカメラ写真です。
ここ10日程、雑用に追われて写真がとれませんでしたが、今日は天気も良いし思い切って「たこフェーリー」と思い出かけました。航行中のたこフェーリーを撮るために、淡路島に渡る往復の「たこフェーリー」に乗りました。まあ、もの好きですね。
撮ったカメラはキャノンⅡDというカメラで、1952年(昭和27年)発売のカメラです。何だか粒子が荒れていますね。
それより問題は画面の左側と右側の露出が異なることです。多分フォーカルプレーンシャッターの、先幕と後幕の速度のずれでしょうが、高速シャッターになるほどこの傾向が目立ってきます。
この画像が一番顕著に現れました。
絞16、シャッター速度1/500秒これより露出が少なく出来ません。NDフイルターのご厄介になるほど、このカメラを使おうとは思いません。フイルムはISO400が普通の感度だしね。露出オーバーで粒子が荒れたのでしょう。
[PR]

by yamada-ogawa | 2009-03-30 20:47 | 古いカメラ | Comments(0)
2009年 03月 19日

つくし

e0029592_16281596.jpg

e0029592_1628313.jpg

今日は暖かいし、天気も良いので、古いカメラを持って茨木市北部山間部の写真を撮りに出かけました。
写真もですが、昨年は探しても見つけられなかった「つくし」を道端で見つけました。
写真を撮り、このつくしを採って持って帰ろうと思いましたが、入れるものがありません。
スーパーのレジ袋でもないかと車の中を探したのですが無いので、常備していた傘を広げてその中に入れることにしました。約30分間でこんなに多くのつくしが採れました。
帰ってから袴を取って食べられるようにするのは大変で、結局2/3は捨ててしまいました。
[PR]

by yamada-ogawa | 2009-03-19 16:34 | 季節の便り | Comments(0)
2009年 03月 15日

念願のカメラ

e0029592_12512831.jpg

一生持つことがないと思っていたライカだが、念願叶って手に入れました。と言っても終戦直後の60年も前ライカカメラです。ボデイはライカⅢf レンズはズミタール50mm F2.0でした。
でも、今でも機能するカメラは高いですよ。一眼デジカメの安いものに匹敵しました。
少しは不備な所もありますが、当分は修理することなくこのまま使用しようと思います。
[PR]

by yamada-ogawa | 2009-03-15 12:57 | 古いカメラ | Comments(0)
2009年 03月 15日

ダム堰堤内の見学コース

e0029592_11211765.jpg

今日は日吉ダムの堰堤内の見学コースです。日吉ダムへは古いカメラを持って訪ねたのですが、フイルムの現像が遅れて、前の2画像はコンパクトデジカメ写真でした。
今回はペトリFTという1967年(昭和42年)発売のカメラでの撮影です。
右側の黒い一部はダム工事に拘わった重機のタイヤと手前は出てきた岩。左側はダム堰堤内の見学コースです。
ダムの堰堤内を一般客に見せているのはこのダムだけかもしれませんね。
[PR]

by yamada-ogawa | 2009-03-15 11:29 | 旅先で | Comments(0)
2009年 03月 14日

水煙のもと

e0029592_1249106.jpg

昨日の投稿写真の水煙の発生源はこのような状態です。
高いところから落ちる水の勢いは凄いものですね。小魚などが紛れ込んでいたら即死ですね。
[PR]

by yamada-ogawa | 2009-03-14 12:51 | 旅先で | Comments(0)
2009年 03月 13日

水煙

e0029592_1775041.jpg

この白い煙のようなものは、湯気じゃありません。まあ水蒸気には違いないですが、水煙なんです。
場所は京都府の中部にある南丹市(旧日吉町)にある日吉ダムから放出される水の勢いで巻き上がる水煙なんです。轟音を発して物凄い勢いでした。
この日吉ダムは珍しいので明日も投稿の続きを掲載いたします。
[PR]

by yamada-ogawa | 2009-03-13 17:14 | こんなのを見つけました | Comments(0)
2009年 03月 12日

けもの道

e0029592_2048992.jpg

「けもの道」を見つけました。まあ人里と山の境ですので、けもの道といっても多分「鹿」でしょうね。
場所は京都府北部の旧美山町(現南丹市)南地区です。古いカメラを持って、旧美山町北地区を訪ねたのですが、その帰りに南地区も訪ねました。茅葺き用の茅の乾燥している場所を見つけ、写真に撮って、チョット小便がしたくなり、山裾へ行って見つけました。
人の足跡は全くありませんが、小さな足跡が泥の中深くたくさん有りました。写真は一本の登り道ですが、画面の左側3~4m離れた場所にもう一本ありました。
奈良公園同様に鹿の糞がそこから少し離れた場所に落ちていました。
けもの道という言葉はよく聞きますが、実際に現実を見たのは初めてです。
[PR]

by yamada-ogawa | 2009-03-12 21:06 | こんなのを見つけました | Comments(0)
2009年 03月 11日

茶せん

e0029592_10553888.jpg

e0029592_1056157.jpg

茶せんの里として売り出している奈良県生駒市高山地区の竹の乾燥風景です。
抹茶の茶せんに使う竹は細い竹から造られるのですね。
[PR]

by yamada-ogawa | 2009-03-11 10:59 | こんなのを見つけました | Comments(0)
2009年 03月 06日

この辺りですが

e0029592_9361075.jpg

昨日(3月5日)大津市と京都市の県境にある岩間寺を訪ねました。昭和35年(1960年)9月に訪ねてますので、50年程前ですね。
この寺を訪ねたのは、当時24歳の若さで、西国33ヶ所の観音霊場巡りをはじめたのです。
2月頃よりはじめた霊場巡りも翌年の3月の琵琶湖竹生島宝厳寺への巡航船が始まって完了しました。
当時、岩間寺へはこのような大きな道路が開通しているわけでなく、巾2m程のハイキングコース程度の道でした。
そこを250ccの単車(当時はモーターバイクとは言わず単車といった。新明和工業株式会社の2サイクルエンジンのポインター号でした)で、山中にある岩間寺を訪ねた帰道でのことです。
道路は舗装されているわけでなく、石ころばかりの道でした。帰り道でその石ころを踏んだ単車が転倒し谷に向かって落ちたのです。当然運転していた私も谷に向かって頭から落ちました。前に何も無い所に落ちるのは怖かったです。50年前のことを鮮明に覚えています。
幸い落ちたところは、杉が植林されたばかりの所で、道路から2mほどすべり落ちた所で単車が止まり、私はもう少し下まで落ちました。単車はタイヤが道路の方の高い方にあり、ガソリンタンクの空気穴からガソリンがシューと噴出しているのです。幸い私に怪我は無く、シャツが少し破けた程度でした。
そこで単車を引っ張り揚げようと試みますが、動かせば動かすほど下の方に落ちていくのです。途方にくれましたが、ガソリンが出るのは火災になると思い、手で穴を塞いでいました。
2~30分もしたでしょうか、滅多に誰も通らないこの細い道を「きこり」(山林労働者)が2人、太いロープを肩にかけて山から下りてきました。
この状況を見て、ロープを道の反対側の太い木の根元に結び、これ以上落ちないようにしてから、3人がかりで単車を引きずり上げたのです。
その場所が岩間寺から直ぐのこの辺りですが、場所の特定はできませんでした。今では大きな観光ボスも
参詣者を乗せてやってきますし、路線バスも運行されていました。
写したカメラは「コニカFP」という1962年(昭和37年)発売の一眼レフで、ヘキサノン F1.8  52mmです。
[PR]

by yamada-ogawa | 2009-03-06 10:28 | 無題 | Comments(0)