回顧録

takahira.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 30日

又もやリコーカメラ

e0029592_1115910.jpg

また、動くかどうか判らないと云うリコー500と云うカメラを手に入れました。
手元に来て、動かしてみると、シャッターが切れないことと、ピント合わせのヘリコイドが固まってしまって動かないという重大な故障は二つでした。
何も動かないカメラを手に入れなくともと思われるでしょうが、この種類が欲しいとなると、動くカメラは何時現れるか判らない状態ですので、故障していても手に入れて修理するというのが原則です。
鏡胴の前玉を外して、シャッターに注油とシャッター羽根にベンジンを垂らすと、シャッターの切れないのは直りましたが、問題はヘリコイドです。
この時代のリコーカメラの鏡胴をボデイから外すためには特殊な治具を持ちいないとレンズが回転させないのです。一般的な道具な揃えましたが、リコーのこのタイプに対応するには自分で治具を造らないとダメなようで。
ネジのセットしてある位置まで普通の道具では届きません。仕方なくヘリコイドの回転は諦めました。
そしたらピントが合わせられない状態ですが、固まっていたのは7m位の位置ですので、チョット絞れば、通常の撮影はこなせます。
そしてこのカメラで撮影しましたが、結構このほうが撮影は楽でした。2m以下のものを撮らないで。ISO400のフイルムを入れれば、必然的に絞りは11以上になり、ピント合わせを考えなくてよいので結果楽な撮影でした。
[PR]

by yamada-ogawa | 2010-10-30 11:20 | 古いカメラ | Trackback | Comments(0)
2010年 10月 29日

ああ~ 疲れた

昨日は、地域の公民館活動の一端で、この地域の歴史講座の初日でした。
今年の3月頃に公民館長より、この地域の歴史講座を遣ってもらえないかとの依頼があり、酒の席でもあり簡単に「いいですよ」と引受けてしまった。
そしてその事をすっかり忘れていたが、今度は今年の5月になり公民館の総会時に、歴史講座を開催しますと発表され、私の名前が出ているではないか。 その時になって思い出した。こりゃえらいこっちゃ。
なあ、何とかなるでしょうと、8月の終わりから資料を集めだして、昨日初日の開講日。全4回で終了予定。
一回2時間半の合計10時間。
初日に予定していた内容の半分くらいしか進まない。この調子じゃ予定していたものが全部消化できない。
さて、どうしようか、講義の回数ももう1~2回程増やすか、多くを省略して終了してしまうか。
館長と相談しなければ。
慣れない講座、現役中には何回か、専門分野を学会の講演会で話したことあるが、当時は演題でしゃべるのみ。でも今はパソコンの画面の写真や資料をスクリーンに投影しながらの講義。
それも加齢により、人の名前が出てこない。人の名前が出てこない歴史講座は!!  と帰る時に受講された方と話すと、聞いている方も同じように名前が出てこない方ばかりなので、気にしないで講義を続けて下さいと好意的に見てくれていて、チョット安堵した状態。
[PR]

by yamada-ogawa | 2010-10-29 09:23 | 無題 | Trackback | Comments(0)
2010年 10月 22日

油断じゃないが

e0029592_22231461.jpg

分解しているカメラはリコージェットと云うカメラで、1960年発売のカメラです。
シャッターが切れないと言うカメラを手に入れて、修理して写そうとの考えでした。
シャッター自体は故障していないようで、伝導に問題があったので、レンズの前玉を外すと簡単に直りました。レンズを清掃して、撮影に向かったのですが、シャッターは切れますが、どうした訳かシャッターボタンを力一杯に押さないと切れないのです。
それでも何とか写して帰り、もう一度分解しました。シャッターを押した伝導がシャッターに伝わる所が、少しズレていましたので、ラジオペンチで少し曲げて修理完成の筈でした。
所が何時の時点かシャッター内部の細い小さなバネが外れて、テストにシャッターを押してもシャッターが切れなくなりました。バネもあるし、引っかける所も判っているので、極小のドライバーを用いてネジのセットを試みるのですが、中々上手くいきません。それじゃと、今度はドライバーで取り付けているネジをほどいて、部品を一つ取り出して、シャッター内でなく、トレ―の上でその部品にバネのセットを試みたのです。
そうこうしている時に、極小のバネが飛んでしまったのです。懸命に探しましたが見つかりません。
細く小さなバネだから、多分手に触れても感じないでしょう、見るのも大変と云うような微細なバネです。
見つけられずに、このカメラは一巻の終わりになってしまいました。
[PR]

by yamada-ogawa | 2010-10-22 22:44 | 古いカメラ | Trackback | Comments(0)
2010年 10月 17日

晩秋の筈が

e0029592_14133465.jpg

この光景は京都西山の風景です。
稲刈りが終わり、採り入れ後の後始末の風景の煙です。普通晩秋の風景として定着していますが、晩秋どころか初秋の気温です。半袖シャツで過ごせます。10月17の光景です。
撮ったカメラはリコー519と云うカメラで、昭和33年(1958年)発売のカメラです。
[PR]

by yamada-ogawa | 2010-10-17 14:26 | 古いカメラ | Trackback | Comments(0)
2010年 10月 12日

まだ咲いていた

e0029592_8485333.jpg

昨日、古いカメラを持って茨木市北部の車作集落の最上部へ行った時咲いていた彼岸花です。
10月11日でもまだ咲いていた彼岸花です。
積まれた石垣の間からやっと一輪存在を知らせていました。
只これを撮ったのはコンパクトデジカメです。
[PR]

by yamada-ogawa | 2010-10-12 08:55 | | Trackback | Comments(0)
2010年 10月 09日

黒谷

e0029592_15465985.jpg

長い間、京都にかかわって生活していました。学校も入れると40年間にもなります。でもこの黒谷(金戒光明寺)と真如堂は訪ねたこと無いのです。思い立って、一昨日手に入れたリコー519デラックスという古い重いカメラを持って昨日出かけました。
黒谷の境内にある、多くのお寺の一つの入口です。なかなか風情ある坂道でした。
[PR]

by yamada-ogawa | 2010-10-09 15:52 | 古いカメラ | Trackback | Comments(0)
2010年 10月 07日

今日手に入れたカメラ

e0029592_20102677.jpg

このカメラは今日手に入れました。リコー519デラックスと云うカメラで1958年(昭和33年)一月発売のカメラです。50年以上前のカメラですが、なかなか綺麗でしょう。
古いカメラを探して手に入れていますが、思うカメラがなかなか見つかりません。少々の故障でも手に入れて、自分で修理するしか安く上がる方法が無いのです。このカメラもシャッターが切れないと言うカメラでした。私の手元に来て見ると、どうもシャッターは動いているが、シャッター羽根が動かない状態のようでした。
前玉を外してシャッターと対面して、シャッターとシャッター羽根に注油すると、あらあら直っちゃった。
でも、シャッターを開けているので、またその組み立てに結構時間がかかり、延べ時間はまあ2時間でしょうか。
古いカメラが一台復活しました。
フイルムを入れて撮ろうと思いますが、最近殆どの方がデジカメになってしまい、フイルムの需要が無いのかフイルム価格が高くなり困ったものです。
[PR]

by yamada-ogawa | 2010-10-07 20:28 | 古いカメラ | Trackback | Comments(0)
2010年 10月 06日

まだ、彼岸花が

e0029592_2030297.jpg

古い家屋の写真を撮りに、高槻市唐崎中をたずねたのですが、それより唐崎集落の端で、彼岸花が咲いていました。
これでもまだ満開じゃありません。今年の彼岸花は2週間は遅いですね。
それにしても見事な彼岸花。この花は多分、人の手によって球根が植えられたのでしょうね。
撮ったカメラはレオタックスTVという、昭和34年発売のカメラです。
[PR]

by yamada-ogawa | 2010-10-06 20:35 | | Trackback | Comments(0)
2010年 10月 03日

また、彼岸花

e0029592_20331456.jpg

天気なら毎日彼岸花を撮っている感じですね。
昨日は京都府亀岡市千歳町国分の集落を撮りに行きました。
ここでも彼岸花が満開でした。
撮ったカメラはマミヤ35S2.8という昭和33年発売のカメラです。
天気が良く、暑くも寒くもないこの時期、気持ちよく散策ができました。
[PR]

by yamada-ogawa | 2010-10-03 18:42 | 古いカメラ | Trackback | Comments(0)
2010年 10月 01日

彼岸が過ぎたのに

e0029592_1637742.jpg
この写真は今日撮ったものです。場所は大阪府高槻市原集落です。
例年ならもうとっくに終わっている筈の彼岸花が今満開でした。
29日にも同じ原集落を訪ねたのですが、少し早かったので、今日天気が良いので再び訪ねました。
何処に行っても真っ赤な彼岸花が咲いていました。
[PR]

by yamada-ogawa | 2010-10-01 16:32 | 季節の便り | Trackback | Comments(0)