回顧録

takahira.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2012年 05月 31日

今日のカメラ

e0029592_20171235.jpg

今日手に入れたカメラです。名前はトプコンユニという、1964年(昭和39年)発売のカメラです。同じ種類のものは過去に手に入れたのですが。レンズは良かったが、フイルムの巻き取りが出来ないので、撮影は諦めたもので、再度の入手です。
今回は全て作動していました、シャッターを切ると「バターン」と大きな音でシャッターが切れます。
このカメラもレンズ交換が出来ますが、シャッターがフイルムの前にあり、ミラーがシャッターの代わりをしているようなカメラです。まあ、一眼レフの進歩の過渡期の製品で、複雑な構造です。
何時壊れても不思議でないようなカメラです。
[PR]

by yamada-ogawa | 2012-05-31 20:25 | 古いカメラ | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 31日

感動した風景

e0029592_9305176.jpg

先日の「いらかぐみオフ会」の後、訪ねた埼玉県秩父市大滝の栃本集落です。
この風景を見るために「はるばる」遠く細い道を走って訪ねたのですが、突如現れたこの風景に感動しました。
[PR]

by yamada-ogawa | 2012-05-31 09:34 | 旅先で | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 29日

東京都の風景

e0029592_1511369.jpg

26日~28日まで「いらかぐみ」のオフ会に参加してきました。
泊まった宿は東京都奥多摩町の御岳山の宿坊です。写真のような宿坊でした。
食事場所も神殿の前でした。昔は御師の家だったのでしょう。
設備はソコソコ新しく造りかえられていて、部屋にトイレも付いていました。
[PR]

by yamada-ogawa | 2012-05-29 15:17 | 旅先で | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 29日

今年の初物

e0029592_110951.jpg

3日間ほど、町並みweb集団「いらかぐみ」のオフ会に参加している間に、キュウリが随分大きくなていました。今日初収穫です。
[PR]

by yamada-ogawa | 2012-05-29 10:59 | 裏庭菜園 | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 25日

連日カメラが

e0029592_21185168.jpg

今日我が家にやってきたこのカメラは1957年(昭和32年)に西ドイツで販売されたフォクトレンダー・ヴィテッサTというカメラです。ボディの上から突き出た棒を押し込んでフイルム巻き上げとシャッターチャージを行います。絞りはどうして合わせるの、シャッター速度をどうして合わせるのから考えないと、このカメラは動かせません。裏ぶたをどうして開けるの等など独創的なカメラです。触っているとレンズがぐらつきました、あれ壊れたかなと思ったら、レンズ交換出来るカメラでした。
[PR]

by yamada-ogawa | 2012-05-25 21:28 | 古いカメラ | Trackback | Comments(2)
2012年 05月 24日

今日も2台がやってきた。

e0029592_17314674.jpg

この所、カメラの購入が多いです。
今日我が家にやってきたカメラです。
左側がライカM2、右側がトプコン35Lと云うカメラ。
ライカM2は1963年製のボディです。レンズはライカM3に付けていたズミクロンF2.0 50mmです。このライカMシリーズは最初にM3が製造され始め、途中でM2が加わり、M1やM4が作られたりと、番号順の製造でないのでややこしいですが。個体番号で工場出荷日が判りますのでその意味では大変親切な会社です。
トプコン35Lは1957年発売のカメラで、1週間ほど前に入手した、トプコン35JLのレンズが明るいカメラです。
さて、どんな写りをするか。
[PR]

by yamada-ogawa | 2012-05-24 17:41 | 古いカメラ | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 24日

こんなものも付いてきた

e0029592_9462194.jpg

昨日届いたトプコン・ウインク・ミラーEと云うカメラに付いてきた撮影備品です。
フラッシ傘は昨日紹介しましたが、手前にあるレンズ状のものは、コンバーターレンズ郡で、一つは35mmのワイドにするもの、もう一つは65mmの中焦点レンズにするコンバーターレンズです。
標準レンズの前にこのようなものをねじ込んで、使っていたこともありましたね。
一緒に小さな三脚も付いてきたのですが、当時はまだ鉄製でこれでも相当重いです。
今は軽金属で造られていますので軽くなっています。この三脚を見ても、技術の進歩が見てとれるのが不思議です。
[PR]

by yamada-ogawa | 2012-05-24 09:54 | 古いカメラ | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 23日

これはご存じ

e0029592_1720391.jpg

これを見て、用途が理解できる方は年配の方ですね。
上のカメラ、トプコン・ウインク・ミラーEに着いてきたフラッシュの傘です。
今ではフラッシュはストロボと決まっていますが、1960年頃は全てフラッシュバルブ(電球)を瞬間に光らせて写真を撮っていたのです。まだ、ストロボは無かったと思います。
フラッシュバルブ(フラッシュ電球)を買ってきて、パァと光らせてお終いの電球があったのです。
懐かしい写真撮影用具ですね。
[PR]

by yamada-ogawa | 2012-05-23 17:28 | 古いカメラ | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 23日

今日入手したカメラ

e0029592_17104481.jpg

今日手に入れたカメラです。
1961年発売の東京光学製のトプコン・ウインクミラーEという過渡期の一眼レフ。
このカメラクイックリターン機構で完全自動絞りを歌い文句に売り出されたカメラ。
確かにミラーはクイックリターンしています。絞りも指定の絞りまでシャッターが切れる寸前に絞れます。当時としては画期的な開発だったのでしょう。
不思議にセレン露出計が生きていて、正常な露出示しています。
[PR]

by yamada-ogawa | 2012-05-23 17:18 | 古いカメラ | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 22日

今度のカメラは

e0029592_20283268.jpg

今日手に入れたカメラです。1957年発売の東京光学製のトプコン35JLと云うカメラ。
シャッターの羽根に油が廻っていて、閉まったり開いたりに粘りがあるため、羽根にベンジンをつけると快適に動くようになった。レンズにも汚れがあったのでクリーニングすると随分きれいになったが、少し拭き傷があります。
[PR]

by yamada-ogawa | 2012-05-22 20:33 | 古いカメラ | Trackback | Comments(0)