回顧録

takahira.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2014年 03月 30日

今年も派手なバラの花

e0029592_972647.jpg

今年も我が家の裏庭で派手なバラの花が咲いている。
元々このバラの樹は父親が植木鉢に植えていたものを、私が地植えしたものです。
植木鉢に植わっていたこのバラ、父親の具合が悪くなり、母親が水をやっていたが、いい加減に水をやるものだから、花が咲いたことなかった。
どんな花が咲くかもわからず、適当に裏庭に植えたものだが、地植えにすると元気になり、なんと派手な花が咲くバラの樹だこと。
でも、もう地植えにしてから10年ほど経ちますね。
[PR]

by yamada-ogawa | 2014-03-30 09:15 | | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 28日

植木鉢のチュリップ

e0029592_1913587.jpg

チュリップが随分成長しました。中にはもう蕾が見られるものもあります。
[PR]

by yamada-ogawa | 2014-03-28 19:15 | | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 28日

玉ねぎ

e0029592_1911324.jpg

プランターの玉ねぎが随分大きくなりました。5月に収穫です。
[PR]

by yamada-ogawa | 2014-03-28 19:12 | 裏庭菜園 | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 28日

伊勢

e0029592_17112196.jpg

伊勢神宮内宮前のおはらい町にあった銀行建物。町並に合わせて板張りの建物。
e0029592_17133575.jpg

伊勢神宮内宮の正宮前、この混雑でも左側に特別参拝者用の通路が設けてあるとのことですが、一般参拝者で埋め尽くされて上に登れない。上から地元氏神様の宮司が左を通ってくるように呼びかけるが簡単に登れない。
[PR]

by yamada-ogawa | 2014-03-28 17:18 | 旅先で | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 27日

火事

e0029592_22344459.jpg

e0029592_2235738.jpg

極近所の近いところで火事がでた。
今日、伊勢神宮参拝のため午前6時半頃、正装して家を出ようと、準備をしていると表が騒がしい。突然チャイムが鳴り、火事と云われて表に飛び出した。
一軒離れた家の2階の窓から火が勢いよく飛び出している。消防車が来るまで約10分、火の勢いは強くなる。
伊勢神宮の正式参拝のため、スーツにネクタイをしている。焼けた家の方はすすけた顔で誰かに連れられてどこかに行った。
びっくりした朝だった。我が家に火がもえ移らないのを確認して伊勢神宮に向かった。一般参拝者とは違って宮司さんの指図により、一段前の広場で拝礼し、神楽殿で約20分間程の長い間、御神楽を受けた。15~16人程による御神楽はびっくりする立派さで感動した。
[PR]

by yamada-ogawa | 2014-03-27 22:55 | 近所 | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 24日

沖縄のシーサー

e0029592_21325464.jpg

e0029592_21333132.jpg

沖縄県の民家の屋根の上や門で睨みをきかしているシーサーも時代と共にいろんなものが出ています。これらは標準的なものですが、大変カラフルでケバケバシイ色のシーサーまで屋根の上で睨んでいました。
[PR]

by yamada-ogawa | 2014-03-24 21:36 | 旅先で | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 24日

首里城守礼門

e0029592_13342722.jpg

沖縄県那覇市首里にある守礼門。
前回訪ねたのは30年以上前で、こんなに赤い門で無かったと思う。
低い階段の上にあり、周りを木の柵で囲んで、門の傍を通り門の中には入れなかったと思うが。
古い写真を探せば判るのだが。
[PR]

by yamada-ogawa | 2014-03-24 13:35 | 旅先で | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 23日

初めて見た

e0029592_1143365.jpg

沖縄県うるま市でポンプの水圧を利用して人間が空中に浮いている姿を初めて見ました。
これもスポーツなんでしょうね。何というスポーツか遊びかは知りませんが。
どこかのオリンピックの開会式で人間が小さな噴射装置を着けて空から飛んできたのは見ましたが、人が飛ぶのは人間の憧れなんでしょうね。
[PR]

by yamada-ogawa | 2014-03-23 11:45 | 旅先で | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 22日

管理

e0029592_857716.jpg

沖縄県の沖縄本島北西部に浮かぶ伊是名島にある、国の重要文化財に指定されている銘苅家住宅です。太平洋戦争でも被害にあわずに今に残っているそうです。
この近くの民宿で泊まったので、夕方薄暗くなった午後6時過ぎの散策でも、早朝7時過ぎの散策でも家の扉が全開になっている。てっきり万年開けっ放しだろうと思い、宿で不用心ですねと話すと、
管理者が居て、朝早く扉を開け、夕方暗くなるころに扉を閉めるそうです。
一枚や二枚の扉なら簡単ですが、家の周りすべて扉の様な家です。開け閉めだけでも相当時間が掛かるだろうと同情し、ご苦労様と思った。
[PR]

by yamada-ogawa | 2014-03-22 08:57 | 旅先で | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 21日

交通の手段がないもので

e0029592_1021287.jpg

沖縄本島の北西にある伊是名島と隣の伊平屋島を訪ねたのです。ともに運天港からの船便は一日2便づつあるのですが、両島間の船便がありません。公共交通機関を使って目の前に島に渡るのに一日かかりで、沖縄本島の運天港まで戻り、又、隣の島までフエリーで渡ることになるのです。
それで運賃は¥4000円以上かかります。このような渡船業者に頼むと¥5000円で隣の島まで渡してくれます。目の前の島だから約15分程度の船旅
普通に考えれば、二つの船会社(村営の船)が一つの航路で二つの島を順に結ぶ航路の運航をすれば、経費が大幅に削減されるのにと思うが。
只、沖縄県、国からの補助金が潤沢にあるので、それぞれの村が独自に船を運航していて、経費削減など眼中にないとしか思えない航路です。
[PR]

by yamada-ogawa | 2014-03-21 10:35 | 旅先で | Trackback | Comments(0)