今日の一葉

takahira.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2015年 12月 31日

蛸壺

e0029592_1331935.jpg

今年最後の投稿になり、適当なものが無いかと考えましたが、何もないのでこんなものを。
三重県鳥羽市の答志島の答志港に置かれていた??捨てられていた?蛸壺。
昔と違い、樹脂製ですので少しは軽いですが、余り軽るいと流されますので、重く作ってあるのでしょうね。

29日と30日と年末特別警戒でパトロールに加わってきました。
「火の用心 戸締り用心 火の用心」と町中を拍子木を叩きながら歩く、昔からの行事です。
その写真を最後の投稿にしようと思っていたのですが、カメラを持って行くのを忘れて、仕方なくこんな写真になりました。

今年一年 つまらぬ投稿を繰り返しましたが、凝りもせず来年も続けたいと思っています。
[PR]

by yamada-ogawa | 2015-12-31 13:39 | 旅先で | Comments(0)
2015年 12月 29日

鳥羽市答志町の㊇マーク

e0029592_18131961.jpg

三重県の答志島の答志集落で見かけた㊇マークです。
各家に乱雑に墨で描かれています。住民に聞くと八幡神社の魔よけの印とのことでした。
本来は八幡神社の例祭の大漁祈願のお祭りで、男衆が墨の奪い合いをするそうです。
そしてぶんどった墨で、自分の家の目立つところに㊇マークを描くそうですでしたが、今では漁師で無い家でも、㊇マークが描かれていました。
家内安全、無病息災、そして大漁祈願などを願ってのマークの描き込みでしょう。
[PR]

by yamada-ogawa | 2015-12-29 18:20 | 旅先で | Comments(0)
2015年 12月 28日

答志港

e0029592_1920472.jpg

先日訪ねた鳥羽市・伊勢市で答志島の答志港です。
漁業が盛んで活気ある漁村でした。観光地として賑わって居るのかと思って訪ねましたが、漁村としても結構活気がありました。
[PR]

by yamada-ogawa | 2015-12-28 19:25 | 旅先で | Comments(0)
2015年 12月 28日

答志島の答志集落

e0029592_1428456.jpg

12月25~26日と鳥羽市と伊勢市を訪ねて訪ねた答志島の答志集落です。
今でも漁業で潤っている集落のようで家々も新しく、2階建て3階建ての建物がこの様に細い道に面して建っています。この路地の様な細い道をバイクが時々走るのですが、殆どは人が歩くだけの道の様です。
路地道と云っても公道のようです。
でも、この答志島の答志集落、空家は殆ど無く家も新しい家が多く、活気ある漁業集落でした。
[PR]

by yamada-ogawa | 2015-12-28 14:36 | 旅籠宿に泊る | Comments(0)
2015年 12月 27日

伊勢市紅葉軒

e0029592_20104363.jpg

伊勢市の紅葉軒と云う旅館に泊ってきました。
伊勢らしい妻入りの旅館で、間口のままの幅で奥に奥にと続いていました。
明治30年創業寺の建物ですが、現代にマッチするように上手に改装されていて快適な宿泊でした。
[PR]

by yamada-ogawa | 2015-12-27 20:10 | 旅籠宿に泊る | Comments(0)
2015年 12月 22日

ある画像

e0029592_1348581.jpg

この写真は岐阜県垂井町の亀丸屋と云う旅館の夜景ですが、「旅籠宿に泊る」と題した企画で昨年11月8日に泊った旅館です。江戸期からの旅籠宿でおばあさん一人で切り盛りされている旅館です。
チョットこの亀丸屋旅館の画像が必要であって、今日朝からパソコン内やSDカードなどを探しているのですが見つかりません。その日に撮りに行った時に一緒に撮って、町並部分と旅館部分に分けたのですが。
町並部分は分類された中で見つかったのですが、この旅館部分は何もありません。二つ使用している外付けのハードデスク内も懸命に探すのですが、全く見つかりません。何処に行ったのでしょうね。
この画像は私のホームページに掲載して居るものからダウンロードした物です。纏めた多くの画像はどこに行ったのでしょうね
[PR]

by yamada-ogawa | 2015-12-22 13:59 | 旅籠宿に泊る | Comments(0)
2015年 12月 20日

掛川市横須賀の八百甚旅館

e0029592_9291178.jpg

掛川市横須賀の八百甚旅館の玄関入口のガラス戸の収納庫のカバーです。
欅の一枚物で造られていました。今ではお金を出しても手に入れることすら困難なものですが、戸袋として何食わぬ顔で街道筋に設置されていました。
e0029592_9332129.jpg

同じく八百甚旅館で泊まった時の布団です。
もう、一年ほど前から「旅籠宿に泊る」と題して、古い旅館を泊まり歩いていますが、この旅館の様な羽毛布団で寝かせてもらったのは初めてです。
中には本当の木綿綿の布団で、重くて重くて寝ていても苦しい布団もありました。
まあ、観光地の並の旅館でも、羽毛布団が普通になってきましたが、「旅籠宿に泊る」で対象の旅館では中々羽毛布団と云う訳にはいきません。
良かったところで、ポリエステルと羽根との混合綿のような布団が多いです。
[PR]

by yamada-ogawa | 2015-12-20 09:41 | 旅籠宿に泊る | Comments(0)
2015年 12月 19日

売ってしまった青春18キップ

e0029592_9404720.jpg

結局は青春18キップは2回使っただけで、ネットオークションを通じて売ってしまいました。
[PR]

by yamada-ogawa | 2015-12-19 09:42 | 無題 | Comments(0)
2015年 12月 18日

立派な床柱

e0029592_16201254.jpg

静岡県掛川市横須賀にある八百甚旅館の奥の部屋の床柱です。
宿の女将が杉の瘤の床柱という。本当かどうかは判りませんが、滅多に見られない珍しい床柱には違いないと思う。
[PR]

by yamada-ogawa | 2015-12-18 16:22 | 旅籠宿に泊る | Comments(0)
2015年 12月 16日

掛川市横須賀宿八百甚旅館

e0029592_98157.jpg

12月14日から15日にかけて、静岡県掛川市の横須賀宿の八百甚旅館という料理旅館に泊ってきました。
創業は江戸末期。手前の建物は昭和5年建築のもので、奥の建物は120年程前と云われていましたので、明治中期の建物でしょうね。
杉の木の床柱がありましたが、異常繁殖した杉でしょうか、瘤ばかりの変わった床柱でした。
この旅館に泊る以外に何処にも行く予定が無かったので、青春18キップで行ってきました。
普通列車の旅ですが、大阪圏と名古屋圏の快速列車を組み合わせて案外短時間に行けました。
宿を出たのは午前9時過ぎ、家に帰り着いたのは午後3時でした。
[PR]

by yamada-ogawa | 2015-12-16 09:16 | 旅籠宿に泊る | Comments(0)