今日の一葉

takahira.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2016年 08月 28日

赤いアジサイ

e0029592_11283512.jpg

今年の6月下旬に、家内のちょっとした知り合いからアジサイの赤い花を頂いた。
花を「生け花」にして楽しむか、今年の花は犠牲にして挿目して殖やすか、瞬時に判断して対応をしなければならない。家内は即座に今年の花は犠牲にするとの返事。
それじゃと、直ぐに花を切り取り、大きな葉っぱを半分以下の大きさにして、挿芽床に刺した。
赤い花は2本とも活着したが、水色の花は枯れてしまった。
その活着した赤い花咲く挿木苗を、来年春の地植えに備えて、植木鉢に植え替たものです。
[PR]

by yamada-ogawa | 2016-08-28 11:39 | | Comments(0)
2016年 08月 28日

泊った部屋からみた出雲大社の松

e0029592_10475736.jpg

先日泊まった島根県出雲市大社町の「すたに旅館」の部屋から見た風景です。
手前の庭は旅館のお庭ですが、道路に立つ電柱の向こうは出雲大社の松の木です。
[PR]

by yamada-ogawa | 2016-08-28 10:50 | 旅籠宿に泊る | Comments(0)
2016年 08月 26日

紅白の百日紅

e0029592_1114169.jpg

この夏になって何回も投稿していますが、庭の紅白のサルスベリ今になって紅白の色が揃ってきました。
[PR]

by yamada-ogawa | 2016-08-26 11:16 | | Comments(0)
2016年 08月 26日

出雲大社の参道

e0029592_9512761.jpg

何時も参詣客の多い出雲大社の参道ですが、流石に真夏の午前7時半頃には、人は殆ど居られませんでした。
[PR]

by yamada-ogawa | 2016-08-26 09:53 | 旅先で | Comments(0)
2016年 08月 25日

出雲大社参拝

e0029592_10292636.jpg

出雲大社の拝殿にある大しめ縄。
夜明けと共に参拝しようと思っていましたが、ホン近くで泊まった「すたに旅館」で寝過ごして、
参拝したのは8時前でした。
それも慌てていたので、お金を旅館に置いたままで、賽銭も無しの参拝でした。
それでも時間が早いので、参詣者は少しで、近くでガードマンが「この親父ケチして賽銭も上げないで」参拝しているはと思っているでしょうねと思いながらの参拝でした。
でも、確か出雲神社は「二礼四拍手一礼」だったと思いその通りしました。
只、この拝殿 以前はもっと大きかったと思ったのですが、チョット小さく感じました。
地図を見ると御仮拝殿とありますので、以前の大きさのものでは無いようです。
[PR]

by yamada-ogawa | 2016-08-25 10:38 | 無題 | Comments(0)
2016年 08月 25日

出雲市の「すたに旅館」

e0029592_9221766.jpg

出雲大社鳥居横にある江戸期創業の「すたに旅館」に泊ってきました。
夜明けと共に出雲大社にお詣りしようと思っていたのですが、寝過ごしてしまい朝の8時前の参拝になってしまいました。
[PR]

by yamada-ogawa | 2016-08-25 09:22 | 旅籠宿に泊る | Comments(0)
2016年 08月 21日

初めてのアクセス数

e0029592_20224615.jpg

もう10年近くネットオークションで古い物を売り買いしているが、出品した商品でここまでアクセス数が上がったの初めてと思う。
[PR]

by yamada-ogawa | 2016-08-21 20:25 | 無題 | Comments(0)
2016年 08月 20日

暑い毎日

e0029592_2005519.jpg

関西では2〜3日前から異常な高温の日が続きます。37℃から38℃が当たり前の日々。
通常なら、チョットは過ごし易くなってねと会話する筈ですが。
身の置き所が無い暑さ。朝起きて自室に向かうと、もう32℃。一階の居間は31℃。
午前中はエアコンを入れないようにと思っていますが、これじゃエアコンを入れないと過ごせないですね。
部屋を閉め切って外出して帰ると、室温は38℃になっていた。早く涼しくなってほしいものです。
[PR]

by yamada-ogawa | 2016-08-20 20:07 | 無題 | Comments(0)
2016年 08月 14日

カメラの整理

e0029592_11302641.jpg

この間から使わなくなったデジカメをネットオークションで売っている。デジカメの場合は安くても何とか売れるのだが、問題は多く残っているフイルムカメラで、それもデジカメが現れてきて、まだ、性能が良くなかった頃の、フイルム一眼カメラが多く残っている。
その当時はまだ、ここまでデジカメが全盛を効かすとは予想できなかったので、フイルムカメラを10万円も出して再々買っていた。でも、今ではこのフイルムの一眼カメラを使おうとも思わない。
誰もがそう思うので、この10万円したカメラが今では1000円でもなかなか売れない。
1000円で売るためにもそれなりの努力もしなくてはならない。
ネットオークションで売るといっても、写真を撮って説明文を書いてと相当手間がかかる。それで得るのが1000円。 やーめた ヤーメタ とそのまま保管庫の中で眠ることになる。
こんなカメラが保管庫の中に多くある。数えてみると27台もある。
デジタルカメラも、最近買ったものは右から左に売れるのでいいが、初期のデジタルカメラも売れない。と云いながらボチボチと売り捌いているが。
[PR]

by yamada-ogawa | 2016-08-14 11:49 | 無題 | Comments(0)
2016年 08月 12日

柱時計が動いていた

e0029592_1534925.jpg

浜松市天竜区にある割烹旅館松本屋の入口にある柱時計と電話室です。
この柱時計は動いていて、今の時刻を示していました。宿のお主人によると、大正3年4月のこの辺りが全て焼けてしまった火災時に、当宿に泊っていたお客さんが持ち出してくれて、今に生き延びている時計とのこと。今まで動いているので修理が大変でしょうと問いかけると、修理する方が居られなくなってね!!とこのと。そして今でも時間になれば「ボンボン」と時を刻むが、時計の動く方のネジは巻き上げるが、時計の音の出るネジは巻かないとのこと。12時でもなれば「ボンボン」と12回も音が出るので、お客さんがビックリして苦情があるとのことでした。
電話室もそのまま残っていましたが、電話は当時の壁に掛かった手回しのものでなく、40年ほど前のダイヤル式の電話でした。
柱時計の左下にあるのが下駄箱ですが、私の靴は土間に置いたままでしたので、この下駄箱は今は使われているのか確かめるのを忘れました。
[PR]

by yamada-ogawa | 2016-08-12 15:17 | 旅籠宿に泊る | Comments(0)