回顧録

takahira.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 25日

失敗のカメラ修理

e0029592_16271976.jpg

このカメラはリコーS-3と云う50年以上前のjカメラです。
シャッターは切れるがヘリコイドが固着して全く動かないので、ピントが合わせられないと言うカメラを入手しました。レンズも曇っていました。鏡胴をボデイから外す迄は順調に作業が進んだのですが。
取り出した鏡胴から、まずシャッターと絞り部分を取り外し、グリスが固まってしまったヘリコイドをシンナーに浸けるのです。まあ10分も浸けて置くと、グリスが溶けてヘリコイドが動く様になります。
失敗はそれからでした。ヘリコイドのネジを全て外してしまうと、組み立て時にネジ山一つ狂うと、全くピントも出ないし、組み立てられません。その事をよく知っていながら、もうチョットネジ山が出るとグリスの入れ替えが楽だと、慾を出したために、ネジを廻し切って外したしまったのです。
慌てて同じ位置のネジ山に、ヘリコイド部分を入れようとしましたが、もうダメでした。
まず、同じ位置のネジ山には入りません。
それから、ネジ山に入れる努力をすること約7~8時間もかかりました。
ネジ山をヤスリで削り、ネジは入りやすくするのです。ネジの入る所は約10ヶ所程度ありますので、何処に入った時が正解かを、順に探るのです。一か所入れては組み立て、ピント確認をすると違っているのが判ります。又分解してネジの入る位置を替えては組み立てピントを見るの繰り返しです。
そうこうしている間に、シャッターも不調を来し、巻き上げが出来なくなってしまいました。シャッターをBにして開放にしたままでしかピントの確認が出来ません。
今度はこの巻き上げの伝導装置の修正です。あちらを進めようと思うと、こちらが不都合を起こすなどを繰り返して、昨日午後から始まった作業が、今日午後2時ごろに終了しました。
結果はファインダーの二重像が不良のままで連動距離計が使えませんが、まあ目測での撮影になりました。
それとファインダーも掃除したのですが、あまり綺麗になりませんでした.
それ以外は完璧に修理できました。
e0029592_1658174.jpg

ここまで分解しても、単に組み立てだけなら、30分もあれば十分なんですがね
e0029592_16595623.jpg

やっと修理完成のリコーS-3です。明日にでもこのカメラで撮影しましょう。楽しみです
[PR]

by yamada-ogawa | 2010-09-25 17:00 | 古いカメラ


<< 昨日のカメラの撮影      鳥居 >>