回顧録

takahira.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 19日

ピンホールカメラの変遷

e0029592_216852.jpg

一眼レフからはじまったピンホールカメラは、ライカタイプ、二眼レフ、スプリングカメラ、そしてブロニー判のフイルムを使う中型カメラへと進み、とうどと中型カメラの本体を木材で自作することになってしまった。
自分でノコギリで切って造るのだが、平行・直角には切れず、上手く工作できない。仕方なく知り合いの大工さんに頼んで、機械でもって木材を切ってもらった。
それを接着剤でもって組み立てたのが写真のものです。
左側がマミヤプレス23のフイルムフォルダーを用いたもの、右側がマミヤRBプロSのフイルムフォルダーを用いたもので、ピンホールやシャッターを取り付けてフイルムフォルダーに設置して完成ですが、まだ シャッターが出来ていません。レンズカバーをシャッター代わりにしてもいいのだが。(オリンパスμミニデジタル)
[PR]

by yamada-ogawa | 2005-10-19 21:15 | ピンボケ写真


<< コスモス      氏神さんの狛犬 >>