回顧録

takahira.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 26日

伊勢慶旅館

e0029592_95917100.jpg

24日午後出発し、25日の正午頃帰宅した旅。日帰りの旅より簡単な旅。
三重県伊賀市にある旧初瀬街道(伊勢北街道)沿いにある旧阿保宿の「伊勢慶旅館」に泊るだけが目的の旅です。
江戸期・明治初期に大阪・奈良からの伊勢神宮参詣客が利用した街道筋にある旅館です。おおくの講札を持っているものと期待して訪ねましたが、
終戦直後の物資の無い時に、講札は檜で出来ているので、祖父が旅館前の側溝の溝蓋として利用したり、多くの方にあげてしまった。と話されていました。
街道に沿った宿ですので、間口は狭いですが奥行きが長い長い旅館でした。
当日泊った客は私一人、道路に沿った部屋に泊めてと頼み泊めてもらいました。
参宮客相手の宿のままの形態をとっていると、既に廃業に追い込まれているでしょう。でもこの宿は料理に重きを置いて、料理屋として生き延びて居られるようでした。低価格に設定された宿泊料金でしたが、料理はビックリするほど良い物でした。
何時まで続くように頑張ってほしいものです。
[PR]

by yamada-ogawa | 2015-02-26 10:01 | 旅籠宿に泊る


<< 伊勢路宿      宿がどんどん無くなっていく >>